「クレーム」が「収益化対象」に変わりました

何が変わったのですか?

以前はこの緑の「クレーム」アイコンをご覧になった事があるかもしれません:

それが、このように変わりました:



動画の管理内の「クレーム」タブが「収益化対象」に変更になりました。ご安心下さい。

チャンネル設定内の「ステータスと機能」の中のネットワーク が「BroadbandTV」に

なっている場合、私たちとのパートナー契約が有効であるという事になります。

またこれらはパートナーシップステータスに影響を及ぼす事はありません。

YouTubeはクレームの手順を変更した為、今後は「収益化対象」と呼ばれるようになります。

今までの手順より単純かつシンプルで、動画をアップロードした際に自動的に

収益化されるようになります。

「利用ポリシー」のドロップダウンメニューの変更

「収益化受け取り」タブの中のドロップダウンメニューに「利用ポリシー」があります。

 

こちらが「Monetize in all countrie」に設定されている場合、前もって動画が

クレームされている状態と同じです。 そして広告が「広告フォーマット」で設定した

形式に従い表示されます。

「利用ポリシー」のドロップダウンメニューをクリックすると新しいオプションが表示されます:

 

「Monetize in all countrie」と「Track in all countries」以外は無視して下さい。

上記の通り、「Monetize in all countrie」とは、その動画が収益化され、

広告が表示される事を意味します。「Track in all countries」を選択すると、

広告が表示されなくなり、動画は収益化されないという事になります。

この新たな改定により、YouTubeでは動画の権利をクレームしないという選択肢がなくなり、

あなたがコンテンツ所有者である事をクレームするか、ストライクを得る事が無いように、

その権利を所有していない動画を非公開とするかどちらかの方法をとる事になります。



この記事は役に立ちましたか?
8人中6人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk