フォローする

ステップバイステップ:動画の収益化

収益受け取りのタブをクリック

 

問題なく動画をアップロードした後に、動画管理の「収益受け取り」のタブをクリックして下さい。

過去にアップロードした動画の場合は、動画管理ページの「編集」をクリックする事により

このページにアクセス出来ます:

上図①参照: 「収益受け取り」タブ

「収益受け取り」タブの中に、「利用ポリシー」のドロップダウンメニューが確認出来ます:

 


「Monetize in all countries」に設定されている場合、前もって動画がクレームされている状態と同じです。 そして広告が「広告フォーマット」で設定した形式に従い表示されます。

「利用ポリシー」のドロップダウンメニューをクリックすると新しいオプションが表示されます。

 

 

「Monetize in all countries」と「Track in all countries」以外は無視して下さい。

上記の通り、「Monetize in all countrie」とは、その動画が収益化され、

広告が表示される事を意味します。「Track in all countries」を選択すると、

広告が表示されなくなり、動画は収益化されないという事になります。



動画のクレームをし広告フォーマットの設定を適用する

もしオーディオと動画コンテンツが双方とも収益化出来る場合、 「Claim this video」

ボックスにチェックし、ドロップダウンオプションを「Audiovisual」にしたままにして下さい。

そして、広告ポリシーオプションを加えて下さい。(このスクリーンショットに従って下さい。)

下部にある「変更を保存」をクリックしたら、あなたの動画は無事にクレームされた事に

なります。

動画管理ページに行く事でいつでもその動画のステータスを確認する事が出来ます。

緑色のクレーミングアイコンは、あなたの動画がクレームされている場合に表示されます。

もしこれがグレーの場合、その動画をクレームする必要があるという事になります。

 

この記事は役に立ちましたか?
70人中63人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk